ギャンブル好きなコミックのヒーローと悪役たち

コミックのキャラクターは、ヒーローであっても悪役であっても、コミックから実写化されても、最終的にはスロットゲームになります。コミック愛とギャンブル愛はウィンウィンな組み合わせです。

ですが多くのヒーロー達がギャンブルに関係しているというのはご存じでしょうか?前にも言った通り、DCとマーベルがコミックの主な出版社です。 そして最後に制作が可能であった年度には膨大な数の原作コミックが映像化されるのを見てきました。

それでは、ギャンブル好きのコミックキャラ達が誰なのかを明かしましょう。

ブラックジャック

紹介するキャラクター達の中では少々知名度が劣るかもしれませんが、それでも名前を挙げる価値があると思いますので、昔ながらのキャラクターから始めましょう。実際このキャラクターの名前は最大の人気を誇るカジノゲーム、ブラックジャックに由来します。

物語はブラックジャックを愛する刑事のジャック・ジョンを中心に展開します。チンピラにより小さな部屋に誘い込まれ、放置されてしまいます。ですがポケットにスペードのエースのカードが入っていたので、そのカードを使って逃げ出したのでした。

後に物語を通して、このカードが彼の別人格となります。ですが最終的に、彼は真のスーパーヒーローのやり方で悪党達にどうにか鉄槌を下す事ができたのです。

ルーレット

次にご紹介するのもまた別人格を持つキャラクターで、その名はカジノ好きに愛されるゲームに由来する、ルーレットです。スーパー悪女のベロニカ・シンクレアは、カジノを運営するゴールデン・エイジの孫娘にあたります。

ルーレットが運営するカジノの敷地は、捕らわれたスーパーヒーロー達同士の違法な戦いに使われており、悪役たちは各戦いの結果にベットしていきます。ルーレットはジャスティス・ソサエティの大半を捕まえた事で有名で、確率の計算においてはまさに天才です。

ジョーカー

バットマン最大の敵はギャンブルこそしていませんが、象徴的なカードであるジョーカーに名前が由来する彼を含めずにはいられませんでした。コミックの中でも史上最高の悪役だというのは誰しも同意せざるをえないでしょう。

2008年にヒットした映画のダークナイトでジョーカーを演じた、今は亡きヒース・レジャーが思い浮かぶことでしょう。ジョーカーの思考回路は全く読めません。様々な興味深い手法で罪を犯します。

もしまだコミックを読んでいない、もしくは映画を観ていなければ、超大作なので是非ご覧ください。